居抜き [ 読み : いぬき ]

店舗等を以前入居していたテナントの内装・設備等を残したまま貸し出す事。
居抜き出店は、主に飲食店や小売業で用いられ、新築で出店する場合と比べ、旧テナントの空調・電気・厨房設備などを流用することで低コストで開業できるメリットがある。また撤退する側にとっても、その店舗が賃貸物件であった場合、内装などを借りる前の状態に戻す原状回復のコストを節約できる。
残された内装が新店舗のイメージに合わない場合に手を加える必要があることや、設備が劣化していることを考慮する必要があるが、什器、備品ごと流用し看板を変えただけの状態で使用することもある。