抵当権 [ 読み : ていとうけん ]

担保提供者は目的物を使用しながら、債務を弁済できない場合にその目的物の価額を優先的に債務者に弁済させる約定担保物権のこと。
質権とは違って引渡しを要しないために所有者が抵当権成立後も引き続き使用・収益をすることができる。日本民法においては、当事者の合意によって設定される約定担保物権(やくじょうたんぽぶっけん)であり、不動産や一定の動産・財団のみをその目的とし、一般財産をその目的とすることはできない。