宅地建物取引主任者 [ 読み : たくちたてものとりあつかいしゅにんしゃ ]

都道府県が行う宅地建物取引主任者試験に合格し、都道府県知事の登録を受け、宅地建物取引主任者証の交付を受けた者のこと。
2年以上の宅地建物業の実務経験者か国土交通大臣が認めた者でないと登録は出来ない。
不動産会社を運営するにあたり、社員の5人に対して1人は宅地建物取引主任者が必要になる。
10人であれば2人必要と言うことになる。