定期借家法 [ 読み : ていきしゃくやほう ]

2000年3月に「定期建物賃貸借法」が施行され「新規契約のみ、契約内容で定めた期限の到来により確定的に契約が終了し「当事者の合意の限り、完全な自由契約」であるとされた。
但し、合意による解約後の新たな定期借家締結は可能なため、通常契約とそれほどかわらない。